2018年11月2日金曜日

Vol.99 役職

こんにちは。

歳をとるごとに「一年は早いな」と言う回数が増えているいるような気がする。

今年もあっという間の10ヵ月、あっという間に年末だ。




今日は役職ついて。



当社は12月決算。

この時期になると管理職を社内公募する。




僕の役職に関する根本思想は次の3つ


■役職=役割

■役職は既得権益にあらず

■やり方よりあり方 






■役職=役割

役職は役割であって、上位職、たとえば、社長だからといって決して人として偉いわけではないという考え方。

社長は意思決定する役割で、管理職はマネジメントする役割だということ。

年功を尊重しつつも実力主義で組織運営したいので、年齢や社歴は関係ない。

だからこそ、年齢などが逆転する指示命令系統であっても、年下の管理職はその役割を全うする必要がある。





■役職は既得権益にあらず

「組織は戦略に従う」という言葉の通り、戦略が変われば組織編成が変わり、ポジションの数も戦略により変わるもの。

一度管理職に登用されたとしてもその後ずっとアサインされるわけでもないし、 一度外れたからといって二度とアサインされないわけでもない。

だから当社の管理職は一年の任期。




■やり方よりあり方

実務遂行する以上そのセクションに求められる実務能力が乏しくてはマネジメントできない。

ただ、実務能力だけ長けていても管理職には登用しない。

当たり前のことが当たり前にでき、理念を体現できているか。

実務能力が一定程度備わっていることが必要条件で、理念を体現できていることが十分条件となる。





このような考え方をもとに毎年社員からの積極的な応募を待っている。




このブログを書いていて気づいたこと

「社内公募」とは何事か!

「公」なんだから社内に限る必要なんてあるのかということ!!




前例に囚われるなと社員に言っている、僕自身の思考が凝り固まっている(T . T)

0 件のコメント:

コメントを投稿