2018年4月22日日曜日

Vol.97 白黒つける

先週はイタリアへ海外研修に行ってきました。

天気予報のアプリでは雨予報が幾度となく出ていたのに、またもや傘要らず(^O^)/

晴れ男健在です(^_−)−☆



カプリ島で(^^)




さて、今日は白黒つける


とある日のとある部門の営業進捗会議で、何週間、いや何ヵ月も連続して受注見込みにあがっているお客様の名前があった。



私から

いつ結論が出るの?


その回答が

来週の(お客様企業の)役員会で結論がでます



同じ回答を何度きいたことか






場面変わって自宅でのこと

うちの末娘の心文(「みふみ」と読む)は3歳で先日幼稚園に入園したばかり

この年頃の子供は、夜はお母さんと一緒に寝たいもの(うちだけかもしれないが…笑)



その心文が起きているときに帰るといつも聞くことがある。

今日はお父さんと寝てくれる?



すると心文はいつも

明日から( ̄▽ ̄)

と悪い顔して言う。



昨日も「明日から」と言っとったやんか…(T . T)

一生お父さんと寝てくれる日は来ないかなヽ(´o`;






これと一緒だな、、、、

いや違う!

営業においては白黒つけることが大事である。




この営業進捗会議で檄を飛ばした。




感触が良い

興味があると言ってくれた

きっと大丈夫


お前は大丈夫教の教祖か

こんなんは営業じゃない




「Yes」か「No」かで回答をいただく

即決いただけない場合は回答をいただく期日を決める

口頭合意ではなく申込書にサインをいただく



そして「No」と言われたときこそ、お客様からヒントをもらえる


と!



改めて営業活動においては、断られることを恐れず白黒つけることが必要だと感じた。






こんなこと言いながら、3歳のかわいい娘を前にすると

断られるくらいなら明日を信じてみようと思ってしまう自分がいる( ̄◇ ̄;)

今夜も心文はお母さんのもとへ(^^)

4 件のコメント:

  1. 浅野さん、お疲れ様です!

    今回のブログはいつも以上に自分に言われているような気がしました…笑
    自分も田中さんなどにお客様の会議で決まります、確度は高いです。などと言いがちです。


    先日のMAPサロンでも営業に関してのお話でしたし、お客様のニーズに合ったものを自信を持って提案し、必ず早く白黒をつけるようにしていかないとと思っております!

    また、明日から頑張ります!!!

    返信削除
    返信
    1. 田之上さん
      おはようございます。
      営業は小さなクローズの積み重ねです。
      物事を曖昧にせずはっきりさせていくことが必要ですね。
      お客様の立場に立って熱意をもって提案していれば、仮に断られたところでお客様との信頼関係は崩れないわけですから。
      今週も頑張っていきましょう!

      削除
  2. 浅野さん、お疲れ様です。
    白黒つけるというのは営業に関わらず仕事の上でとても大事なことだと思います。
    私が思うに、白黒つけるというのは「決断する」「決断させる」ということなので、決断を無意味に先送りするのが危ないことは様々な場面で見ます。
    自分ができる権限や行動の範囲でしっかり白黒つけていきます。

    返信削除
    返信
    1. 森脇さん
      おはようございます。
      営業を例に書きましたが、その他の場面でも重要ですね。
      開発の場面でもその時点で最高の結論を出せるよう、一つひとつ白黒つけていきましょう!

      削除