2017年9月30日土曜日

Vol.88 出し惜しみ

9月が終わります。

今月は特に早く感じました。

ブログの更新も月1回が定番になっています( ̄▽ ̄)

何のためにブログを書いているかをもう一度見直さないといけないですね(^_−)−☆






今回は出し惜しみについて



学生さんと採用面接をしているとよく聞かれるのが

新入社員に求めるものは何ですか?


私はいつも…

当たり前のことを当たり前に出し惜しみすることなく実行してください






そう私は出し惜しみが大嫌いな人間です。






その出し惜しみをしない性格が時として“災いを招く”ことを知りました(u_u)

こちらの書籍を読んで…



「野津浩嗣」の画像検索結果



こちら当社のイベントでもご講演いただいたことがある野津浩嗣先生の

『「顧客を獲得できるセミナーづくり」7つの法則』(東洋経済新報社)

タイトルに「21年間で2600回セミナーを実施した」とありますが、近ごろ3000回を超えたようです(^O^)/




こちらの冒頭に

クライアントを獲得できるセミナーがいいセミナーである。

良いセミナーが必ずしもクライアントを獲得できるわけではない。

とある。




のっけからやられた感

私は参加者全員に満足してもらえる、いわゆる「いいセミナー」を常に目指している。

それがバックエンドを用意している、販促型のセミナーでは間違いのようだ。

「面白い話を聞けてありがとう」と声をかけられてご満悦の私。

しかし、それで終わってしまうこともしばしば…




出し惜しみが大嫌いな私は常にすべて出し切る




先日、当社のお客様から「MAS監査で付加価値を出すには?」の質問に、個別で2時間かけて熱弁を振るった。

MAS監査とは、当社会員である税理士とすすめている、管理会計をベースとしたコンサルティングサービスのことです。



熱弁後、当社のある社員から冗談で「その内容だと別途お金をいただけましたね」と一言。

もうすでに当社とお取引していただいているお客様であればこれでいいが、未取引のお客様だとこれでは困る。





この書籍の最後の方にこんなことも…

100でつくって90で実施する

セミナーの中で明らかにしていくのは、参加者一人ひとりの「問題点を明らかにすること」であり、全部の解決策、具体的な解決策をセミナー中に披露してはいけないそうだ。


ガーーーーーーーーーーーーーン!!!!

100つくって120答えてた!!!!




頼られると期待に応えたい。

期待されると期待以上に頑張ってしまう。

この性格が商売上は“災いを招く”のですね。




これからはストレスが溜まったとしても出し惜しみを意識します(^_-)


1 件のコメント:

  1. 浅野さん、お疲れ様です。

    野津先生のお話は私もお聞きさせていただきましたが、とても勉強になりました!

    私も訪問させていただく中でお客様の中には走り出していて立ち止まっている方と、まだ走り出せずにいる方がいるように感じております。

    両方のパターンの方に合わせた情報提供をしっかりとしていかないと行けないと感じました!

    返信削除