2016年9月21日水曜日

Vol.67 細かいことを気にしすぎ

昨晩台風が近づいているにもかかわらず食事会へ。

早めに帰ろうと思いつつも話が盛り上がり、次第に時間も気にならず。

ただ究極の晴れ男の私にかかると、帰る時間には台風も温帯低気圧に。

結局昨日も傘要らずでした(笑)





昨日は一日社内で幹部会議とリーダー面談。

月一回必ずリーダーと呼ばれる管理職と1時間の面談をします。




ちなみに当社では管理職にマネージャーという役職名を使用していません。

マネジメントの目的は成果を出すこと。

管理職にはマネジメントはもちろんのこと、管掌部門メンバーに将来ビジョンを示しリーダーシップを発揮してほしいとの思いから、呼称をリーダーとしています。

一般的な部長級をディビジョンリーダー、課長級をグループリーダーとしています。





その中で執行役員でビジネスソリューション・ウェストディビジョンのディビジョンリーダーである手塚さんとの面談でのこと(※横文字が嫌いと言いながら組織名や役職名は横文字満載です(笑))。

普段、私は幹部会議でもリーダー面談でも「もっと売上を上げろ」だとか「彼(彼女)の営業成績が悪いのはなぜか?」などの指摘は一切しません。






指摘することはこんなことばかり。



気持ちの良い挨拶しろ!

お礼を言え!

悪いことしたら謝罪しろ!

遅刻するな!





誰にでもできるはずの簡単なことでも実際できているかどうかは別です。

あり方と言えば大げさですが、当たり前のことを当たり前にやることを高い次元で求めています。





手塚さんから

浅野さんは結果を責めたりしませんよね。

挨拶だとかの細かいことは自分たち(リーダー)がちゃんと言うべきですね。




そこで気づいたこと。



自分は細かいことに気にしすぎなのか…

そんな細かいことばかり気にしているから、本来経営者としてなすべきことに集中できていないのではないか…







ということで、非常に大事だと思ってはいるが、


上記のような細かいことは一旦リーダーに任せよう!

私は本来経営者としてなすべきことに集中しよう!


と決意しました。




今経営者としてなすべきこととは、来期以降のビジョン構築とそれに不可欠な新規事業の開発ですねo(^_-)O




ただ、リーダーに任せて当たり前基準が下がるようなら、また口を出しますけどね( ̄▽ ̄)

4 件のコメント:

  1. 浅野さん、お疲れ様です。

    台風ですら晴れにしてしまうなんてすごいと思いました!
    まさに最強の晴れ男ですね。

    私も相撲と言う武道の世界にいましたので、礼儀の大切さはもっとも先に来るのではないかと思います。

    しかし結果を出さなければ意味がないと言われてしまう事も多かったです。
    私自身礼儀をまだまだおろそかにしてしまう事もありますが意識し続けていきます。
    ましてや今は仕事としてMAP経営という看板を背負っているのでしっかりと成績も出せる様に頑張ります。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      中井さんのあり方から私は多くのものを学ばせていただきました。
      福岡に行ってからはいかがでしょうか?
      礼儀礼節は前提条件として早く一人前になれるよう頑張ってください。

      削除
  2. 浅野さん
    お疲れ様です!

    ※せっかく決心なさったのに、以下の文章は余計な口出しになっているかもしれません。ご了承くださいm(._.)m

    「経営者はどうあるべきか?」という問いに対して、まだ社会人ですらない私は到底答えを持ち合わせておりません。

    ですが、どんなに細かいことも気になったのであれば、とことん気にしていいと思いました!細かいことをリーダーに任せたつもりでも、結局その細かいことを気にしながら仕事に打ち込むのは非効率ではないかと…。「当たり前のことを当たり前にする」というフレーズは、細かいことと言うよりもむしろ浅野さんの重要なポリシーでもある気がします。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      余計な口出しは大歓迎です(笑)
      「当たり前のことを当たり前にする」は私が社会人になってからのポリシーです。
      もちろんこれからも気にするし注意もするかもしれませんが、自分にはもっと重要かつ緊急な仕事があるという決意表明と捉えていただければ幸いです。

      削除