2016年9月11日日曜日

Vol.65 そこに信念はあるか?

9月に入ってから出張続き。

先週は京都、今週は伊香保、昨日は都内恵比寿でも美味しいものをたくさんいただきました(^_-)







さて、今日は信念を持つことの重要性。

以前の私は非常に他人の目が気になるタイプでした。

他人からの批判批評を気にしてしまい、感情が安定しないこともしばしば。





でも、今はまったくと言っていいほど気にならなくなりました。

きっかけは今から4~5年前に学生時代の悪友数名との食事会。

そのうちの一人から言われた一言でした。





本当にチャランポランで学校にもまともに来なかった彼は、今では数百名の社員を抱える会社の経営者。

食事の会話は学生時代の思い出話や近況報告で、昔のように何も利害関係のないなか5~6時間という時間もあっという間。





そんななか、ふと

俺さ、結構社員からの批判が気になるんだよな…

彼はすかさず

お前は誰のために、ものごとを決めてんの?

私は瞬間的に

お客様のため、会社のためやで






すると彼は



だったら、お前の信念が足りんだけや



その意思決定に少しでも私利私欲が入っていたら後ろめたさで他人からの批判批評が気になってもしょうがない

私利私欲なくお客様のため会社のために強い信念を持って意思決定していれば、他人からの批判批評なんか気にならないはず







猛烈に心に響いたにと同時に、あのチャランポランだった奴がこんなこと言えるようになったのかという驚きが湧き上がってきたのを今でも鮮明に覚えています。







そういう彼の助言があってから今では

それは本当にお客様のため、会社のためか、そして、そこに私心はないか

今考えうる最高の結論だという信念を強く持って意思決定をしています!







経営者の仕事は意思決定。


志高く信念を貫くをこれからも継続していきます(^^)


8 件のコメント:

  1. だったら、お前の信念が足りんだけや

    凄い一言ですね。
    利害関係のない立場だから言える言葉でもあり遠慮の無い仲だからこそ言える一言ですね。

    誰の為、何の為、そこを忘れず僕も日々の決断をしていきたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. コメントいただき、ありがとうございます。
      このような核心をついた一言は何もかもわかっている仲だからこそ言ってもらえるものだと思います。
      そのような存在に感謝するとともに、こちらのことを忘れず日々意思決定していきます。

      削除
  2. 浅野さん
    お疲れ様です。

    私自身も他人の視線や評価、期待を過剰に感じてしまう弱みがあり、とても身につまされるお話でした。「それは本当にお客様のため、会社のためか、そして、そこに私心はないか」、迷った時には自問したいと思います!

    また、ご友人の立場からしても、自分の放った一言が周りの人間(浅野さん)のその後の生き方に強く影響を与えていることになるので、感慨深くも思いました!

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      2人ともチャランポランだったのに、経営のまともな話ができるようになったことが驚きでした(笑)
      良い友を持ち幸せです。
      山岸さんもご友人との今後が楽しみですね(*^^*)

      削除
  3. 浅野さんお疲れ様です。

    他人の目を気にしてしまう事は私もいまだにあります。
    あの人は変わってる、尖った考えの人だと言われたりする事を恐れてしまって、自分の考え方がおかしいのかなと思ってしまう事もあります。
    しかし何らかの結果を残している人には周りから見ると、変わってる様に見えている方が多いのではないのかなと思います。
    例えその様に見えても私も自身の想いを貫き通して行きたいと考えています。

    私も自分の中に曲げない軸をたてて志高く信念を貫き通して行きます。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      世の中多数派が正しいとは限りません。
      ご自身の生き方考え方に自信を持って人と接していけば必ず何かが得られるはずですよ。

      削除
  4. 浅野さん

    KDDIを起ち上げた稲盛和夫さんの思いと同じですね。
    「動機善なりや、私心なかりしか」
    http://www.kyocera.co.jp/inamori/profile/episode/episode07.html

    ひでさんに教えて頂いた言葉の一つです。
    ※ブログ楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. コメントをいただき、ありがとうございます。
      私もある方から稲盛さんのお言葉を教えていただきました。
      結果や評価はどうであろうとも、今後も志高く生きていきます!

      削除