2016年8月24日水曜日

Vol.52 与えたものが得たもの

昨日はアチーブメントさんでのプレゼンの研修会に参加してきました。

6月から毎月1回のペースで全6回コースのものです。

毎月違うプレゼンテーマが設定され、グループに分かれて発表し、フィードバックをいただくというもの。

会社では立場的に率直なフィードバックをいただくことが少ないのですが、こちらでは立場は関係なくフィードバックいただけます。

厳しいフィードバックは不慣れ?!な分若干凹みますが、親身になって指導いただけるプロスピーカーの方や受講生仲間に感謝しています(^^)







昨日の研修会のテーマは人生で最も感動した体験~そこから何を学び、今どう生かしているか~





人生で最も感動した体験って、これまた難しいよな~っていうのがお題をいただいた時の感想。


ギリギリまで何を主題にするかを悩みました。




またまたちょっと恥ずかしいけどカミさんと一緒になれたことも感動したし、3人の子供が生まれた時はそれぞれで感動したし…







悩みに悩んだ末にこちらを選びました。


入社後わずか42人抜きで取締役に抜擢されたこと


私が当社に入社したのは10年前。

創業から30年近く経つし、年齢層も上の方も多いので、よく言われたのがこんなこと。


社長のご親類の方ですか?

役員待遇で迎えられた方ですか?


いずれも違います。




私の経歴を簡単に紹介しますとこんな感じです。

1972年 愛知県一宮市生まれ
1996年 某飲料メーカーに親のコネで入社
2000年 肉体労働に耐え切れず1回目の転職
2002年 事務職未経験で会計事務所に入所
2003年 作業ばかりに嫌気がさし2回目の転職
2005年 人間関係がうまくいかず3回目の転職
2006年 薄給で生活もままならず4回目の転職
2006年 紹介会社経由で平社員として当社入社
2007年 社員番号にして42人抜きで取締役就任
2010年 猛勉強のすえ税理士試験合格
2011年 専務取締役就任
2013年 処女作最強出世マニュアル出版
2014年 親族外承継により代表取締役社長就任

転職4回、プライベートではバツ1、いわゆる「汚い履歴書」です。


転職を繰り返していた頃の私はこんな感じでした。

①会社の成長と自分の成長は別物

②すべてが損得・勝ち負け

③評価されないのは会社のせい


ひどい状況ですね。

私ならこんな人は採用しない(笑)





でも、ひとつ前の会社の代表から教えていただいたある言葉で、私は自分を変えようと思ったんです。

その言葉とは…




与えたものが得たもの




何かを得よう得ようと思っても何も得られない、社会では自分が与えたものそのものが得たものである、という意味です。







今までの自分が恥ずかしくなりました。

何も与えていないのに、いかに得よう得ようとしていたかと…






その後当社に入ってからは…


①会社の成長を自分の成長と捉える


②持っているものをすべて出し切る


③プライベートという概念を捨てる


ここで変われなければ一生ダメ人間で終わると思い、必死で働きました。



65日年中無休



まさに人生の中で質量ともに最も頑張った1年を過ごしました。

そのような姿勢を見てくれている人は見てくれているんですね。





人生で最も感動した体験、それは取締役に抜擢していただいた結果ではありません。



会社の成長を自分の成長と捉え、自身の能力を出し惜しみすることなく、プライベートな時間をすべて仕事に投入したプロセスそのものを認められたこと



そして、それまで何も成すことができなかった自分がこんなにまで頑張ることができる人間だと知れたこと




まさに与えたものが得たものを実践してきた成果でした。




今回の研修会で改めて大事なものを思い出すことができました。
これからもこの言葉を体現しつづけていきます!

6 件のコメント:

  1. 難しいテーマの発表ですね。
    「与えたものが得たもの」とは深い内容の話ですね。
    ブログを読んでいて、このテーマの発表を実際に聞いてみたい!と思いました。
    社内や、学生さんにも話す機会があるといいです。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      ご要望があればいつでも話しますよ。
      プレゼンの研修会に来ているような方にも共感いただいた内容ですので、新卒向けの会社説明会で話すのもいいですね。

      削除
  2. 浅野さん
    お疲れ様です。

    「与えたものが得たもの」
    とても好きなフレーズです。学生時代のアルバイトやゼミナールの活動を通して、私もこのフレーズに似た感覚を覚え、以来意識し行動に落とし込む努力をしてきました。

    がしかし、「意識」できても「実践」することは本当に難しいことだと痛感しています。気持ちに余裕がない時は、組織の成長よりも自分の成長を優先させようとしたり、何か自分に不都合なことがあれば環境のせいにしたりしてしまうことがあります。

    今回のブログを拝読して、自分の気持ちの浮き沈みに関係なく、「与えたものが得たもの」を"常に体現"し続けたいと、改めて思いました!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      人間は本当的に自分を守るからこそ(良い意味でも悪い意味でも)このようなことを強く意識することが大事なんだと感じています。
      私自身も今一度強く意識して実践していきます!

      削除
  3. おはようございます!

    与えたものが得たもの、まだまだ私はこの域まで達せてないのだと思います。

    社会にでてもうすぐ5ヶ月、しっかりと与えれる様になりたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      そうですかね?
      私は中井さんから与えていただいているものはたくさんありますよ。
      もちろん、これから知識や経験を積んで、与えるものをもっと増やしてほしいと思っています。

      削除