2016年8月13日土曜日

Vol.41 3年ぶりの出版

こちらのブログでは報告していませんでしたが、とある出版社に企画を通していただき、出版することが決まりましたo(^_-)O

社長に就任する前年の2013年9月以来の出版になりますので、実に3年ぶりの出版





前回の『最強「出世」マニュアル』(マイナビ出版)では、ビジネスマンとしてのあり方や心構えを、20代後半から30代前半の上昇志向は強いのに空回りして日の目を見ないサラリーマン向けに、今からでも遅くないという思いを込めて書きました。

34歳バツ1、転職4回、ダメサラリーマンだった私がどのように自分を変え、周りの評価を変えていったかを出し惜しみすることなく表現した渾身の一作です。

まだご覧いただいていない方は是非こちらから( ̄▽ ̄)











今回の出版は当社の商売の話(^^)

直球ど真ん中の経営計画について書きます。




企画が通ったのはいいけど…

いろいろ悩みが…





経営計画の大御所の先生方が書くようなものは私は書けないし、一方で、当社の源流である杉山先生から先代の高山さんに至る当社の流れを汲むべきだし…

経営計画という、言わば経営の基礎、原理原則、もっと言ってしまえば、当たり前を当たり前に伝えることほど難しいことはないですよねヽ(´o`;

また、経営計画の立て方を忠実、かつ、丁寧に書いても面白くない(そんな本の著者の方、ごめんなさい)。






はじめての出版の時に教えていただいたんですが、本が売れるか否かは以下の3点で決まるとのこと!


①タイトル
  ⇒ インパクトがないと手に取ってもらえない


②著者プロフィール
  ⇒ 結果として同じことを言っていても誰が言うかで意味合いが違う


③装丁
  ⇒ 書店でもセンスの良く見た目の良いものが手に取られる





自分でいうのも何ですが、私はこの分野の本を書く著者の中では完全にイロモノ

やっぱり、経営計画を世の中に広める商売をしている会社の後継者として、経営計画というツールを使ってどのような色を出してきたのかを表現するしかないし、それしか出ないですもんね。

①タイトルと③装丁は叡智を集結して対応し、私という人間が書いたから面白いと言っていただける本を書きたいですね。






現在社内で手伝っていただける方々の手を借りながら、10月あたりに出版できるよう私はお盆もスタバで頑張っていますo(^_-)O





2 件のコメント:

  1. お疲れ様です!

    最終面接でプレゼンをした事を思い出しました。

    あの時の自分の発表を思いなおし、もう一度読んでみます!
    10月の出版を楽しみにしてます!

    返信削除
    返信
    1. 私も中井さんのプレゼンを思い出します(^.^)
      参考になるものを是非行動で表現してください。

      削除