2016年4月5日火曜日

気づいて欲しいな…

当社は毎朝15分間の掃除から一日が始まります。

MAPバリューという行動基準にも掃除という項目が入っています。

創業者の代から「場を清める」ということで、清掃業者さんには依頼せず、全社員で毎朝雑巾がけや掃除機をかけて事務所をきれいにしてから、業務に入ります。



最近は自分たちで掃除する会社も増えましたよね。

掃除をすることで、いろんなことに気づける人になって欲しいな、と思っています。




ところが…

今朝、飲料自販機の横に置いてある缶入れがこんな感じでした。




中から缶やペットボトルが溢れそうになっています。

今日はお客様がいらっしゃるセミナーがあるのに。





近くを掃除していた社員とのやり取りです。

私:「気づかないの?」

社員:「気づいていました」

私:「気づいていないんじゃないの?」

社員:「いや、気づいていました」

私:「気づいていないよ。片づけて初めて気づいていることになるんだよ」



「気づいていた」ということを強調されたことに少し寂しさを覚えました。

気づく、気づかない、は二の次。

行動で示せていなければ気づいていないのと同じです。



私の師匠から教えていただいてこと、それは「お客様が求めているのは小さな行動」

頭でわかっているだけでなく、小さな行動の大事さを認識しました。





0 件のコメント:

コメントを投稿