2016年4月26日火曜日

連戦

今日は名古屋で当社主催のMAPサロンというイベントに参加しています。




ここ数日、あちらこちらで色んなテーマでお話しする機会をいただいております。

今日はそれを紹介させていただきます。




先週21日木曜日はマネーフォワードさんが主催する「MFクラウドEXPO2016」に当社も出展させていただきました。

クラウド時代の付加価値サービス提供モデル』というタイトルで、マネーフォワード社執行役員の宮原崇さんにインタビューをしていただきながら、当社の事業やサービスを説明させていただきました。

それにしてもすごい人でしたね。うちの部屋にも200名近くの方にお越しいただきました。

今風の高椅子に座って40分間、話の内容もさることながら座り姿を意識しました(笑)

薄暗くてぼやけているけど、いい感じでしょ(^^)











昨日25日は人材教育のアチーブメントさんが主催する「中小企業の未来をつくる士業の会」

スピーカーは、アチーブメント青木仁志社長、某飲食店グループの上場に関与された税理士の泉敬介先生、この両巨頭の間で私が話すという構成です。

ビッグネームと並んでお話しできたのはとても光栄でしたが、緊張しますね~(汗)

テーマは『成功する士業の条件~事業目的の明確化と徹底した実践

画像は最近どこ行っても話をする螺旋状のマネジメントサイクル

これはまさに私の仕事そのもの、会社経営としても当社のサービスとしても…

日本全国でこの話をしたいですね!詳しくは私を呼んでください( ̄▽ ̄)











そして、本日は当社主催の中部支部MAPサロンです。

当社の会員税理士さんを対象に年二回、東京・名古屋・大阪・福岡の各拠点で勉強会を開いています。

今日は名古屋での今年の第一弾!





第1部は、私のパート『未知を道へ変えていく~創業者の思いは守るものではなく繋ぐもの~

創業者の高山からどのような思いで事業承継し、何を守って何を変えたかについてお話ししました。

このテーマで話するのは初めてでしたが、良い話ができたかなって思っています。






第2部は、『クラウド会計により会計業界が受けるリスクとチャンスを探る!』と題してパネルディスカッション。

パネラーは弥生株式会社の岡本浩一郎社長、株式会社マネーフォワードの辻庸介社長のごご両名、コーディネーターは名古屋の個性派税理士松川幸弘先生。

豪華ですね。

これから外部環境が劇的に変わっていきますね。改めてテクノロジーの進化を感じ、それに適応していかなくてはならないという危機感を覚えました。







大トリの第3部は、当社の創業者の高山範雄元会長の『計画なくして経営なし 企業経営と経営計画の必要性』

まさに直球ど真ん中、私も原点に返る思いで聞かせていただきました。



中部地区のユーザー会代表幹事の皆様にご協力いただき、盛大な催しになりました。

ありがとうございました。感謝です。




今日のMAPサロンで特筆すべきことがもう一つあります。

新入社員の中川香里が堂々と司会を務めあげました。

「3月まで大学生、今年の4月に入社したばかりの~」と自己アピールもバッチリ。

「言わなきゃ新入社員ってわからんやろ」ってくらい素晴らしいものでした。

良い言い方すれば、若手にもすぐにチャンスが与えられる会社、悪く言えば人使いの荒い会社(笑)

いずれにしても上司から指名され、すぐに「ハイ!」と応えられる積極性がすべてですね。









今日で営業日3日連続で異なるテーマでお話しさせていただいております。

異なるテーマでも共通しているのが、バカの一つ覚え「Plan-Do-See」の重要性

“連戦”の中で、経営計画を日本全国に普及させ「Plan-Do-See」を全国の中小企業に定着させること、これこそが私のライフワークだと気づかせていただきました。

ご指名をいただいた皆さんに感謝です!

0 件のコメント:

コメントを投稿